2009年01月29日

Rainy Blues/雨上がりの多摩川


RC SUCCESSSION ー 雨上がりの夜空に
若き日の初代自転車名人!この冬は、なんだか寒暖の差が激しい気がしますが、これも温暖化のせいでしょうか?

先週は雨も降ったりして、ただでさえ少ない自転車走行回数に追い討ちをかけられちゃいましたが、
金曜日は運良く出掛ける頃には雨が止んでくれて、久しぶりに遠回り自転車通勤で、
多摩CRを走れるだけ走ってみる事にしました。前回の記事の事もあったんで‥…。

で、仕方ないんですけど、この日走れたのは本当に本当のほんの僅か大師橋から六郷橋までです。






hanedajinja.JPG

後ろ髪引かれる思いでしたが、気持ちを切り替えて、仕事へと向かうため、
羽田神社でお参りをする事にしました。あいにく雲が多くて、大師橋から富士山を見る事が出来ず、
それも残念だったんですが、左手の鳥居をくぐってみると‥…、

hanedafuji.JPG

「羽田富士」がありました。
品川神社には「品川富士」。日本人にとっては、やっぱり特別な存在なんですね。


でこちらでお参りしたのが良かったのか。
今年2回目の多摩CRライドのチャンスが、案外早くやってきて、

fujisan090125.JPG
ほら、富士山もこの通り!

めずらしく日曜日休みで、こどもに「映画連れてって。」ってせがまれたんで、
「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」なんですけど、
これは千載一遇のチャンスとばかりにこどもをそそのかし、
ママチャリの後ろにのっけて、家からラゾーナ川崎まで、"ゴーオン!"走ってきた次第です。

今回も短い距離でしたけど、ほとんど走った事のなかった右岸を走ったりと、
それなりに満足感はありつつ、心の中では3度目の正直を誓いました。



ただハッピーな出来事ばかりではなく、これは雨上がりの金曜日の事ですが、
kanashii.JPG

盗難車でしょうけど、それにしても悲しすぎますよね。

「炎神戦隊ゴーオンジャー」が、
マシンワールドからやってきた意志を持つ乗り物"炎神"と勇気と正義あふれる若者達が、
汚れた世界を作ろうとする"蛮機族ガイアーク"から力を合わせて地球を守るって話で、
映画は敵に奪われた相棒"炎神"を取り戻すため、
ゲキレンジャーの下で修行するって話だったので、余計に悲しみが思い出されました。


実際のところ、ボクは若者ってわけでも、勇気と正義あふれるってわけでもありませんが、
いつまでもブログに書いているばかりではなく、
相棒とともに"何か"を始めなければ、いけないなと思いを強くしています。
つづく。
にほんブログ村 自転車ブログへ






posted by Johnan 城南 Rotten at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。