2009年03月14日

cycling nomad's dreaming/自転車遊牧民のみる夢



そういえばオランダって、今年のブエルタと来年2010年のツールのスタート地点でしたね。
で特にツール、1stステージはロッテルダムを舞台に9kmのタイムトライアル。
エラスムス大橋を通過ですよ。ビジュアル的には集団で渡るのが見たかったんですけど、
まぁ、それはそれ、期待大です。
でオリジナルの地図をつくってみました。大体は合ってるかな。ってそれで良いの?



powered by 地図Z
ちょっとデカ過ぎ。

それにしても気が早いですかね。2009年のシーズンが始まったばっかりで、ツールはおろか、
ジロでさえ、まだこれから。今はパリ〜ニースとティレーノ〜アドリアティコの真っ最中。
でも早いついでに、2010年にロッテルダムで開催されるっていうと、他にはこんなモノもあります。
Internationale Architectuur Biënnale Rotterdam さすがです。(スタートは09年9月。)
まあ、実際のところ、ボクは特に建築マニアって訳じゃなくって、
水辺系サイクリストで自転車通勤ルートに、港湾地区を組み込んでるだけなんですけど。
で橋とかコンテナにちょっとハマっちゃって、特にコンテナの山。
もちろん美しさの点では、青い空や青い海を背景にした橋にいませんが、
コンテナもなかなか捨てがたい魅力があって、眺めてるとレゴ・ブロック広場に見えてきたりして。
それにキング・ジョーが出てきそうな雰囲気とかにも惹かれちゃうんですよね。
WEB Cyclingしてたら、こんなイカす建築見つけちゃいました。


Masslogueさんよりシェアさせていただいております。

その名もノマディック美術館(The Nomadic Museum)。
グレゴリー・コルベールがAshes and Snowのエキシビションのために考えついた
世界じゅうを遊牧する美術館。コンテナは現地調達。設計は日本の建築家である氏。
2009年初めにはブラジルでの開催が決まっています。(スライドは2007年のお台場。)

お台場にもお台場海浜公園をはじめ、素敵な海上公園がありますけど、東京港内には全部で
いくつ海上公園があるでしょうか?  答えは40。(これはめぐり甲斐大ありですね。)
でさらに今、ビッグプロジェクトが進行中。
その名も"海の森"。88ha、なんと東京ドーム約19個分の森(想像つきません)を中心とした
海上公園を中央防波堤内側埋立地(については「東京都環境局公式サイト」)につくるって計画です。

tokyoport0701m.jpg
©東京都港湾局

東京湾に浮かぶゴミと残土で埋め立てられた中央防波堤内側埋立地を、公園や街路樹の枝葉から
つくった堆肥や水道局、下水道局のリサイクル土を使って、自然豊かな緑の島にする計画だそうで。
2016年には概成予定で、東京オリンピック・パラリンピックの馬術(クロスカントリー)競技会場
になります。(残念ながらロードレースは海側を走らないようですが、マウンテンバイクとBMXは
海の森自転車コースを会場として行われる予定です。)

全体計画ではなんと30年がかりですが、世代から世代への架け橋として夢が繋がるのは良いですね。
"海の森"を拠点として全ての島が繋がって、アクセスが容易かつ安全な、いっそ車両は島内、島間
問わず海底トンネルを通る地上は人と自転車だけの
サイクリスツ・アイランド・イン・ザ・サン!出来ると良いなぁ。

では、最後に、Gregory Colbert VS world's end girlfriend (MAD Version)でどうぞ。


にほんブログ村 自転車ブログへ







posted by Johnan 城南 Rotten at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。