2009年04月10日

Ride Out To Winter /サクラ・サクライド サクラ・チルアウト



すっかり春らしい陽気になって、ハッピー・ ライドへ
レッツ・ゴー!なはずが‥…










ちょっとばかし、いつもと違う場所で仕事になっちゃって
川崎港行きはお預け、自転者通勤もままならず
やりきれない想いをwigglin' bloggin'さんのところで知ったKeith Loutitでチルアウト‥…
って、ダメだ、ダメだ、ダメだ。余計に港湾走りたくなっちゃう。


Bathtub IV from Keith Loutit on Vimeo.

ちょっと話題をドレミファソラシて、写真家Keith Loutitは、皆が見過ごしている
オーストラリアの風景をもう一度見直して欲しいという想いを込めて
tilt-shiftとtime lapseを駆使した作品作りに励んでいるそうです。
でtilt-shiftは本城直季さんでお馴染みですよね。やってみたいなって思ってる人も結構いるんじゃないかと、もちろんボクもそのひとり。でさっそく挑戦してみました。

tiltshift.jpg

仕事に行った先が、高台に住宅が密集していて、その間を電車が走り抜けて行くっていう
tilt-shiftには打って付けの場所だったりしたんで
もちろん機材やテクニックなんてありはしませんよ。秘密はこちら、TiltShift maker
確実にハマります。


でそうこうしている間に、晴れて自由の身となって、散らずに待っていてくれた桜に感謝しつつ
サクラ・サクライドに行く、前に‥…
ちょっと余談になりますが、ボクの花は残念ながら散っちゃいました。
自転車等駐車対策協議会区民委員の募集があって、それにに思い切って応募してみたんですけど
論文がブログを纏めたような荒唐無稽な内容だったんで
まさかとは思ってたんですが、一次は一応、通って‥…
まっ、それはそれ、サクラ・サクライドが忘れさせてくれるでしょう。



やっぱり自転車通勤は良いですね。気分爽快。脳と体が活性化された状態で
そのまま仕事に入れるって点でも最高です。つづけて別ルートもどうぞ。



スライド・ショーのエコボート気になるでしょ。
家庭用コンセントで8時間充電、航行時間は、巡航で約10時間だそうですよ。
もちろんエンジン音も排気ガスも発生しない優れモノ。
「都心の水辺でエコツアー」は、都心の水辺を使って楽しく遊びながら、環境への啓蒙を図ることをテーマにしているNPO法人あそんで学ぶ環境と科学倶楽部の活動の一環です。


ボクがいつも楽しんでる運河沿いの自転車通勤やサイクリング、その河川の美しさも
これらの方々の地道な活動あっての事なんですね。
サクラ・サクライドで忘れようなんて、調子よすぎで
花は散っても実を結びますし、ボクも本当の意味で、外に向かって走り出さないといけませんね。
にほんブログ村 自転車ブログへ

posted by Johnan 城南 Rotten at 04:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。