2009年04月23日

Green Seaside/アソビルート



このブログ読んでくれてる人の中に、Scritti Polittiファンているのかな?


昨日は雨で乗らなかったにしても、久しぶりの自転車通勤の気がします。何でだろう?
でもその雨のおかげか、今日は晴天!
早めに出発して、避難橋〜京和橋とブリクライムして、京浜島緑道公園に寄って行きましょう。
あそこに行く時って、いつも天気がイマイチですから。
今日はチャンスです。



いつも橋の上から遠くを眺めてる様な、真ん中から上半分青空みたいな視界が開けた写真を
撮ってるんですけど、ちょっと雰囲気を変えてみようと、コーワングル(注1)でバチバチやっていると
あっ、サングラスがない!どうやら運河の波にのまれ、河に溺れてしまった様です

注1 海や運河、港湾など水辺の雰囲気が伝わる様に、水面が半分以上を占める独特な構図。

溺れるといえば、Peter Greenawayの"数に溺れて"って、映画がありましたっけね。
原題は"DROWNING BY NUMBERS"で、順番に溺れるっていうか、殺されちゃうんですけど
で"O"を"A"に替えれば、DRAWNING BY NUMBERS
数字の点を順番に線で結んでいくとウサギとかゾウの絵が出来上がる、あれです。

ByNumbers.jpg

そう、これです。
で、ボクらサイクリストが、グリーンマップなどを使いながらやっているのが
それぞれが持っている安全な道や良い眺めとか、ちょっと休めたりっていう情報を繋いで
自転車に適したルートを作る。差詰めルート・バイ・ナンバーズ。
情報の共有、大事ですよね。
で、ボクがここんとこやっているのは、パーク・バイ・ナンバーズって感じでしょうか?
じゃ、次、行ってみよう!


実は、この日、工場クルーズが行われたんですよ。行きたかったなあ。
悔し紛れにボクは、ひとり工事サイクルーズに出掛けました。
行先は京浜運河クレーン・フィッシング・パーク。様々なコンストラクションが楽しめます。


注2 実際にスピードをだして、かっ飛ばす訳ではなく、便宜上、ルートをカットして
話を先に進める事。
注3 こちらのページを参照。

若潮橋の架け替えと合わせて、緑道の整地も進んでる様ですが、品川環状線の工事と合わせて
自転車レーンもつくって頂けないでしょうか?
歩道内が歩行者と自転車に分離されてるし、人も疎らなんで、走りやすいっちゃ、安いんですけどね。
でも何だか、後ろめたい気がして。正々堂々、走れるレーンが欲しいんですよね。

にほんブログ村 自転車ブログへ





posted by Johnan 城南 Rotten at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。