2009年12月03日

Through Being Good Cyclists/Unightride



ノレベンバーだった11月も過ぎ去り、サイクル・ライフ復活初日、64kmほど走って
普段の自転車通勤に換算すると、3回に少し足りない位ですから、幸先良いスタートが切れたかなと
で行先は… あっ、それと最初にいっときますけど、今回、YouTube埋め込みまくってます。

やっぱり工業地帯ですが、ブログ始まって以来初のナイトライド!
題して、大黒ふ頭でアイアイアイ・おっ、サイクリングだよ〜 = III(Illumination In Industrial Area)Cycling



暗闇の中で工場の灯りをボーッと眺めてたら、この前見たインスタレーション作品が頭に浮かんできて
東京都現代美術館で開かれているRebecca Horn「レベッカ・ホルン静かな叛乱鴉と鯨の対話」
なんですけど
このアーティスト、美術大学卒業後に手がけた彫刻の新素材が原因で、隔離療養生活を送る事になり
それが、その後の創作活動の揺るぎなきテーマ - 身体機能を拡張し他者とのコミュニケーションを
回復する事 - になったそうですが
機械仕掛けで動く立体作品が多く、こ難しい事抜きに見ていて飽きませんでした。




思い出した作品っていうのは、"Light Imprisoned in the Belly of the Whale"
壁に文字が、そのままストレートに映し出されるモノと水の乱反射の影響を受けて、文字通り
映し出されないモノがあって、前者は"letter"、後者は"language"なのかなって、水=人間(の理解)で
同じ言葉でも人それぞれの経験等によって理解のされ方が違うのかな、なんて深読みし過ぎ
かも知れませんが、見る人それぞれに解釈を許す懐の深さも、これまた魅力ですね。

で動くアートといえば、キネティック・アートといえば、Jean Tinguely
誰か日本に連れてきてくれませんか?(アーティストは没してますが)



やっぱり、良いですね。見ていて飽きません。って実物知りません‥…
生まれ変わったジャンクの生命力っていうか、輪回転生って言うか、感じますよね。
だから見てないんだけど。今の使い古された言葉でいえば、リサイクル。って根本的な意味が
違いますけど、まっ良いか。でね、これ見てたら、どっかの美術館が、どっかの自転車メーカーから
協賛受けてやれば良いのに、って思っちゃいますよね。
でエントランスには、それこそ廃品パーツを使ったオブジェをドカッと
ヤノベケンジに頼んでみたら、いかがでしょうか?


いずれにしても、自転車をライフスタイルにしていない人にも、自転車ってモノを
様々な場面で、様々な切り口で、目に触れてもらえたら良いんじゃないかと思うんですよ。
だって、CYCLE MODEってったって、好きな人しか来ないでしょうから
実際のところ、11月は丸の内はじめ、新宿やら、川崎やら、横浜やらで、自転車の社会実験が
行われてましたけど、盛り上がり感に欠けたってのは否めないし、もちろんイベントじゃないけど
それにしたって、人知れず始まり、人知れず終わるってのはねえ…
イベントっていえば、それこそひっそりと中止になってしまったのだって、あるくらいですから
ノレベンバーどころじゃないですね。



坂本龍一が代表のモア・トゥリーズが、ルイ・ヴィトンと一緒に長野県・小諸市の浅間山麓に
"ルイ・ヴィトンの森"をつくりましたよね。
(ルイ・ヴィトンが約1千万円を投資して支援する形で、約104ヘクタールを3年間かけて整備)
でインタビューでこたえてましたけど、

「何につけても格好良くないと続かないし、広がらない。エコにはファッションが必要だし
(有名ブランドの協力は)それだけエコが浸透してきた証しだと思う」


全くもってその通りですよね。
まぁ、その点からいえばね、自転車にはファッションはあるんだけど、それに引きずられちゃってる
感じでしょうか?自転車系タレントも多かれど、オピニオン・リーダーとなるべきは
忌野清志郎なき今、ネーム・ヴァリューで坂本龍一に対抗出来る人は浮かびませんね。
主観的には、鶴見辰吾とか団長好きだけど…
でこれまた個人的嗜好で申し訳ございませんが、工場萌えクルーズが人気だったんだから
工場萌えサイクルーズとかあっても良いと思うし、むしろあるべきかとすら思います。
その点、横浜なんてベスト・ロケーションだし、開港150周年を締めくくる最後のイベントとして
開催すれば良かったんじゃないかと、でその時だけ瑞穂ふ頭公開とかすりゃあ良いんだよなぁー。
絶対、盛り上がると思うんですけど、エコの真逆でダメですか?
でね。横浜といやあ、ビール発祥の地!って事で、キリンビールのスボンサード受けて
これからの忘年会シーズンに向けて、自転車飲酒走行反対キャンペーンの一環として
ナイトライドにすればさらに盛り上がる事間違いナシ!でキリンにしたって、その場を借りて
ノンアルコール・ビール飲料の販売促進活動すればさ、一石何鳥ですか?
ってあーっ、瑞穂ふ頭ナイトライドしたくなっちゃったなぁ。



最後にこれだけは、いっておきたいんですけど、自転車免許制度導入したら?
なんていってる人いますけど、そんなのダメに決まってんじゃん!自転車といえば自由の象徴!
なんだからさ。でもね。そう考えると、ルールの大切さも感じますね。
っていうか、ボクにとってのルールって、ボク等を縛り付けるモノではなくて、人それぞれに
考え方が違う中で、お互いが気持ち良く生活するために、お互いを尊重するためにあるものなんで。

で最後にもうひとついっておきたいんですけど、実はブログ1周年でした。Annualじゃなくて
Anniversary 何日か前でしたけど
本当に、いつも、いつもお立ち寄りいただき感謝しております。今回はその気持ちを込めて
〆の替え歌2本立てです。



Alcoholfree In The Y.C.(Yokohama City)


Cheers Now ha, ha,

I am a cyclist
I need no alcohol list
You should know when you drunk
Stop ridin’ Get off the bike
I wanna respect the passerby
Thereby

I always ride alcohol free
No in the body

Alcohol free for the safety
It happens sometime and maybe
It gives a wreckage stop a traffic line
Your future dream in torture no gleam
Thereby

I always ride alcohol free
In the city

How many ways to go back my home
I use the bus?
I use the train?
I use the taxi?
But use no money!
Thereby

I always ride alcohol free
It's only safety to ride

Is this the Kirin Beer or
Is this the Asahi Beer or
Is this the Sapporo Beer
I thought it was the Suntory
Or just another country
Another local brewery

I always ride alcohol free
I always ride alcohol free
Oh what a clean

I always ride alcohol free
Know what I mean?

And I wanna be a cyclist
Godspeed
Respect



つ・け・な・い テールライト


ライト点けなきゃ 夜は暗い
川に沿った道は とてもクライ

Baby Oh Baby つ・け・な・い テールライト
Baby Oh Baby つ・け・な・い テールライト

Oh Baby つけなよ
Baby Oh Baby 夜間走行 NO, NO
フロントライト点けず坂道なんて
くだらない事さ きみは道端で 泣いてるかもよ

Baby Oh Baby つ・け・な・い テールライト
Baby Oh Baby つ・け・な・い テールライト

ライト点けなきゃ 夜は暗い
川に沿った道は とてもクライ

Baby Oh Baby つ・け・な・い テールライト
Baby Oh Baby つ・け・な・い テールライト

No, No 後からとやかく言っても
どうしようもない事さ
誰もあの事故をとめられない

Baby Oh Baby つ・け・な・い テールライト
Baby Oh Baby つ・け・な・い テールライト‥…




にほんブログ村 自転車ブログへ
posted by Johnan 城南 Rotten at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。